モニスタット

カンジダ膣炎(膣カンジタ症)のかゆみ・かぶれ・炎症に、医師が勧める市販薬【モニスタット】

カンジた膣炎は我慢していても治りません

カンジタ膣炎は、免疫力の低下が原因で発症することの多い病気です。体が弱っているときに発症しますから、毎日忙しくお仕事を頑張っている女性がカンジダ膣炎にかかるケースはとても多いです。

そして、カンジタ膣炎(膣カンジタ症)は我慢していても簡単に自然治癒するものではありません。

でも、「わざわざ仕事を休んで病院行く程では…」とのことであれば、インターネット通販で購入できるカンジダ膣炎専用のお薬【 モニスタット 】がおすすめです。

確かにカンジタ膣炎は、「一刻も早く病院に行かなければ(汗)」と思うような症状ではないかもしれません。しかしながら、なんとなく我慢をしているうちに症状を次第に悪化させ、その後しぶしぶ病院へ行く羽目になるのでしたら、やはり早めの対処をしておくに越したことはありません。

カンジタ膣炎は、陰部の痒みや痛み・灼熱感が特徴で、悪化させてしまうと危険です。

モニスタットなら、就寝前に膣内用のお薬(外部に症状がある場合は塗り薬も併用)を使用してお休みするだけ。この習慣を七日間繰り返すことで、カンジダ膣炎を治療できる市販薬となっています。

医師や薬剤師が勧めるお薬だから安心

「インターネットで販売されている薬を使っても大丈夫?」と思われる方もいるかもしれません。

確かに、モニスタットはカンジダ膣炎(膣カンジタ症)の専用薬ですから、カンジタ膣炎でない場合は治療の効果が表れないことがあるかもしれません。

有効成分であるミコナゾールはカンジダ菌の他、白癬菌(いわゆる水虫菌)などにも有効な成分ですが、付属の塗り薬も含め全ての膣炎の原因に対処できるものではありません。

よって、「こんな症状は初めて」と言った場合は、まずは医師に相談することをおすすめします。忙しくても、貴重な休みを犠牲にしてでも、病院に行くべきだと思います。

ところが、もしその症状に心当たりがあるとか、カンジタ膣炎だと言う確信があるというのであれば、モニスタットはアメリカの医師と薬剤師がおすすめする市販薬ですから、その効果はお墨付きです。

仮に七日間で良くならないのであれば、違う原因を疑うか、ご自分の基本的な体の調子を疑った方が良いでしょう。性病の可能性もありますし、そのときはすぐに病院へ行かなくてはなりません。

しかし、カンジタ菌性の膣炎であれば、モニスタットで自宅で短期間のうちに治すことができるのです。

モニスタットを通販で購入するメリット

モニスタットと同成分のお薬は日本にも存在します。

例えば、メディトリートという座薬タイプのカンジダ膣炎用治療薬がありますが、こちらは第一類医薬品に指定されていますので、薬剤師がいる薬局で簡単な問診や説明を受けての購入となります。ネット通販でも購入出来るのですが、オンライン上ででも問診票を提出しなければならないのは一緒です。

よって、お近くに手頃な薬局がないときや、対面で購入するのが億劫な方、問診票のやりとりが面倒で病院に行った方が早いかも、と思う方にとってはモニスタットがとても便利なのです。

しかしモニスタットは、基本的にはカンジダ膣炎(膣カンジタ症)の再発用のお薬であって、初めての場合は医師の診察を受けるのが原則です。

海外製のものであれば日本の薬事法の外ですから煩わしい手続きは不要かもしれませんが、その分自己管理が必要になります。

お仕事が忙しいのでしたら、なかなか休みを取るのも難しいし、薬局が開いている時間に仕事を切り上げられない日々が続いているのかもしれません。

そんな方に人気なのがモニスタットなのですが、お薬に頼りすぎることのないよう、ぜひお休みしたり、早く帰ったりという選択も含めて、自己管理を大切にしていただきたいと思います。

カンジダ膣炎でお悩みの方へ
  •